VERT
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Profile
BAMBI
無料ブログJUGEM
Related Links
Category
New Entries
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
犬ヶ島
ウェス・アンダーソン監督の『犬ヶ島』行ってきました!






日本文化、日本映画を愛し知り尽くした監督の、思いの詰まった作品です!


犬好き、パペット好きの葉山なので見所いっぱいでした〜










見終わった後も、撮影現場を想像して頭の中がぐるぐるです。



手作り感覚溢れるパペット、感情表現、黒澤映画の音楽。

また、日本ってこんななんだ〜。


って思うこと、新しく知ったこと。

楽しみました。

posted by: KEI Hayama | Review | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体と
ハンガリーの女性監督、イルディコー・エニェディがメガフォンをとった作品。

「心と体と」






この雪の森の中の鹿の写真に誘われて行ってきました!






コミュニケーションを取ることが難しいふたりのお話。

こんな人形で会話のおさらいをする場面。






鹿、牛、血、ミュージック、孤独、死、心、体、、、

やられました〜


posted by: KEI Hayama | Review | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
馬を放つ
試写☆

「馬を放つ」

見てきました。






キルギスのお話です。


キルギス出身の監督
アクタン アリム クバトが脚本、主演を務めた心の叫びな作品でした。






中央アジアの美しい国、キルギス。

妻、幼い息子と3人で慎ましく暮らす男。


彼の心の底にあるもの。

豊かな大地の中を馬で駆け巡り、自然の恩恵を受けて生きてきた遊牧民のキルギスの民。


その民の歴史と過去。


今、暮らしは変わり定住し、車は走る。


彼の心に残るあのことわざが、叫びとなって、、、


「馬は人間の翼である!」


posted by: KEI Hayama | Review | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
読書日和
このお休みは、読書日和となりました。


ずっと楽しみに読むのを取って置いた
西加奈子さんの「i」〜♪






人種、祖国、宗教、ジェンダーなどを超えて、繊細で骨太感は健在なまま心揺さぶる作品でした!


posted by: KEI Hayama | Review | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |-
50年後のボクたちは
爽快な試写を見てきました。


ファティ・アキン監督☆

〜50年後のボクたちは〜


世界中で愛されている、ドイツの大ベストセラー小説を映画化!


14歳の思春期のはみ出し者のふたりが冒険するひと夏の経験。


盗んだオンボロ車で疾走するお話。

面白くないわけがありません!










かつて14歳だった大人の誰でも、このタイムプセルの冒険の眩しさに、かけがえのない青春を思い出します。



チックとマイクのふたり。

イザとマイクの母のふたり。

ドイツ語。

音楽。


切なく爽快でした〜♪


posted by: KEI Hayama | Review | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-